JYJジェジュンの東方神起時代はどんな感じだったの?最近の活動は何をしているの?

ライブを楽しむ人々

ジェジュンさんが5/13日夜9時58分からフジテレビ系で放送される『人志松本の酒のツマミになる話』出演ということで話題になっています。

そんなジェジュンさんについて今回はお話していきたいと思います。

目次

ジェジュンのプロフィール

名前キム・ジェジュン
職業歌手
ユニット名JYJ
ジャンルK-POP、J-POP
生年月日1986年1月26日(36歳 2022年現在)
身長180cm
体重63kg
血液型O型
出身韓国
担当ボーカル
活動機会東方神起 2003年~2010 以降JYJとして活動

ジェジュン最近の活動

日本テレビ系新水曜ドラマ『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』

こちらの主題歌『六等星』を担当しています。

そしてドラマの中では、スッポン料理店の店員役として出演しました。

実は韓国では、ドラマだけでは無く時代劇やコメディーとジャンル問わず活躍しています。

ドラマ『トライアングル』で『2014年 KOREA DRAMA AWARDS』にて男性最優秀演技賞も受賞しました。

大人気のジェジュン。

どんな歴史があるか順にみていきましょう。

ジェジュンの東方神起デビュー

ジェジュンは2004年1月、東方神起としてシングル『HUG』でデビュー。

華々しいイメージが強いジェジュンですが、デビュー前には新聞配達、工事現場、食堂などでアルバイトをしながら、レッスンに通う日々を送っていました。

そして、韓国の化粧品ブランド『CreBeau』を運営する会社に投資し、同ブランドの販売代理店の運営も始めるのですがここで問題がおきます。

東方神起、解散へ

化粧品ブランドの運営は、ジェジュン、ユチョン、ジュンスの三人(後のJYJ)で始めたのですが、問題は所属事務所に伝えずに行っていたこと。

そして最大のポイントは残りのメンバーであるユノとチャンミにも伝えずに行っていました。

このことをきっかけとして、関係に亀裂が生じていきます。

前所属事務所SMエンターテインメントとの争い

裁判

東方神起解散の理由には、もう一つ大きな原因があります。

2009年7月にジェジュン、ユチョン、ジュンスの3人が、14年にわたる長期契約や不公平な印税配分などを理由に、専属契約の効力禁止の仮処分を申請しました。

そして2010年4月、訴えた3人は新たに「JUNSU/JEJUNG/YUCHUN」という仮の名のグループを結成した

東方神起にはユンホとチャンミンの二人という形で分裂。

ファンからはまた5人に戻る時を切望されていたため、多くのファンが悲しむ結果となりました。

JYJ始動

キム・ジュンス、キム・ジェジュン、パク・ユチョンの3人は、JUNSU/JEJUNG/YUCHUNとして活動を続けました。

2010年6月、大阪ドームと東京ドームでイベント「THANKSGIVING LIVE IN DOME」を開催。

イベントは大成功で、東方神起脱退後も人気があることを証明しました。

そして2010年9月29日。

3人はそれぞれの名前の頭文字をつなげた「JYJ」というグループ名で世界デビューすることを発表しました。

2017年以降、ジェジュンはJYJだけでなく、ソロでも活躍をしています。

2019年にユチョンの事務所との契約解除と引退。

以降JYJはジェジュンとジュンスによる2人組ユニットとなっています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次