元グラビアアイドルMEGUMI グラビア時代には大きな悩みも

グラビアモデル

タレント、女優、歌手、事業家としても活躍中の元グラビアアイドルMEGUMIさん。

そんなマルチに活躍中のMEGUMIさんにはグラビア時代に悩みを抱えながら仕事を続けていました。

今回はMEGUMIさんを見ていきたいと思います。

目次

初めからグラビアをやるつもりではなかった

グラビアアイドルとしてのイメージが強いMEGUMIさんですが、実は初めからグラビアアイドルを目指していたのではありません。

もともとは歌手を目指していました。
2003年から2004年の約1年間、歌手として活動をしています。

歌手をしていたのは驚きです。なんで1年しか活動しなかったんだろう。

歌手としての活動

2003年7月16日、坂本九さんの『見上げてごらん夜の星を』をアレンジした曲を含む5曲入りのミニアルバム『MY NAME IS MEGUMI』をリリースし、念願の歌手デビューを果たしました。

しかし『見上げてごらん夜の星を』は同時期に平井堅さんもカバーしており、平井堅さんは第54回NHK紅白歌合戦で歌唱し、広く認知されました。

対象にMEGUMIさんのカバー曲はオリコン週刊チャートにおいて最高130位という結果に終わってしまいました。

その後2004年までに3枚のシングルを出しましたがヒット曲に恵まれることはなく、オリコンチャート上位にあがることはありませんでした。

『くりぃむナントカ』などで突発的にプロモーションビデオが披露されましたが、歌唱力が低いと評価されていました。

MEGUMIさんの歌声すごく興味があります!一度聞いてみたいです

グラビアを始めるきっかけ

歌唱力を鍛えるためにアメリカへ短期留学していたMEGUMIさん。

聖歌隊で歌うなどしていたが、先生から

『歌の才能はない』

『それでも歌をだしたければ、豊胸手術を受けて顔を売れ』

このように勧められてグラビアに挑戦しました。

最初は恥ずかしさ、不安が大きかったと話すMEGUMIさん。
しかしプロにメイクやライティングをしてもらうことにより自分が綺麗に仕上がることに納得していきグラビアモデルを続けていくことにしました。

ちなみに芸名のMEGUMIは現場で野田義治さんの『お前は今日からMEGUMIだ!』という一言で決まったといいます。

聖歌隊の先生の発言がなかなかキツイと感じてしまうのは私だけでしょうか

グラビア時代の悩み

悩む女性

歌手として歌のオーディションに全く受からず、藁にもすがる思いで始めたグラビア。

その後バラエティの出演がどんどん増えていきました。

しかし当時は体を張るのが当たり前の時代だったので、

『水着でバンジージャンプ』

『芸人さんの中で大喜利』

こんなやりたくない仕事を夜中までやって朝からグラビア撮影など本当に辛かったそうです。

『なんで私がこんなことやんなきゃいけないの』

この様に感じながら泣いたり怒ったりとても荒れていました。

実業家としての活動

カフェ

2012年に『CALMA.』というブランドを立ち上げ、子供服のセレクトショップを展開。
しかしこの事業は思うように成功しませんでした。

2016年には石川県金沢でパンケーキカフェ『Cafeたもん』をオープン。
こちらの店舗は2022年現在も経営しています。

MEGUMIさんも店舗に来るんですかね?お会いしたいです

MEGUMIの旦那さんはDragon Ashのボーカル・降谷建志さん

2008年7月7日に妊娠が判明しました。
これを機に交際中であったDragon Ashのボーカル・降谷建志さんとの結婚を発表。

マスコミ向けに

『赤ちゃんを授かったので、本日入籍しました』

とFAXで発信したということです。

本当にやりたい仕事ではなかったグラビアからここまで有名になったMEGUMIさん。
事業展開など、これからもどんどん新しい挑戦をしていって頂きたいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次